純植物性乳酸菌「ラブレ菌」がナノ型で登場!

お試し価格がフコイダンライフ・ナノとの同時注文でさらにお得に!3箱のご注文で1袋プレゼント!

詳しくはNano・ラブレお試し価格のページをご覧ください。>>

トピックス

フコイダンライフSHOPのトップ > よくいただくご質問 > フコイダンなど配合素材について

フコイダンなど配合素材についてのQ&A

フコイダンについて

フコイダンとは何ですか?
フコイダンとはモズクや昆布・ワカメ・メカブなど海藻類(褐藻類)のヌルヌルしたヌメリの部分に含まれる水溶性食物繊維の一種です。
フコース(FUCOSE)という糖を主構成糖として硫酸基やウロン酸が結びついた高分子多糖類です。
なお、アガリクスなどキノコの菌子体(β−グルカン)などの多糖類とはまったく異なるものとなります。
フコイダンの働き(効果)とは?
フコイダンの働き(効果)としては以下の3つが代表的なものと言われています。

(1)修復機能:潮の流れや浮遊物などで生じた傷を修復する効果。
(2)バリア機能:細菌や微生物から自分を守る効果。
(3)保湿機能:海面から露出した部分が日光や風による乾燥を防ぐ効果。
これらの効果から海藻類にとって必要不可欠な物質なのです。
フコイダンの原料は何ですか?
当社ではオキナワモズクから抽出したフコイダンを100%使用しています。(国内大手メーカーである金秀バイオ社のフコイダンですのでご安心ください)
※当社のフコイダンは人体に無害なクエン酸を用いた「有機クエン酸処理抽出方法」で抽出したもので、琉球大学・熊本県立大学・神戸女子大学などと共同で論文発表される高品質・高純度なフコイダンですのでご安心ください。
フコイダンは国産ですか?外国産ですか?
沖縄県一帯のオキナワモズクから抽出したフコイダンを100%使用しております。
トンガ産など海外のものは一切使用しておりませんのでご安心ください。
フコイダンは低分子と高分子のどちらですか?
当社ではフコイダン本来の性質を失わないよう高分子のまま配合しています。
高分子のフコイダンを低分子化することで分子構造に悪影響を与え、高分子多糖類であるフコイダンがブドウ糖やオリゴ糖のような単糖類に変わるとも言われています。
フコイダンの定義が高分子と定められました。
平成29年(2017)9月に公益財団法人「日本健康・栄養食品協会」によりフコイダンの品質を保証する統一の規格基準で「オキナワモズクなど」かつ「高分子」のものと定められました。
フコイダンの分子量はどれくらいですか?
フコイダンライフ・ナノに配合しているフコイダンの分子量は約5,000です。
抽出時では約77,000ですが、ナノカプセル加工時に高分子としてフコイダン本来の働きを損なわない限界ラインまで調製しています。
フコイダンの硫酸基は何%ですか?
硫酸基は約19.1%となります。
幾多あるフコイダンのサプリメントでも極めて高いものだと自負しております。
フコイダンの純度とは?
純度とはモズクや昆布など海藻類から抽出したエキスに対しての比率になります。
海藻から分離・抽出したエキスの中にフコースや硫酸基が含有されている割合になります。
(例)フコイダンライフ・ナノの場合は1包1.2g中にモズク抽出エキス(一般的にはこれをフコイダンと言われています)として約333mg含有しています。そのうちフコースと硫酸基などが約300mgですので純度が約90%となります。
フコイダンの純度とは?
純度とはモズクや昆布など海藻類から抽出したエキスに対しての比率になります。
海藻から分離・抽出したエキスの中にフコースや硫酸基が含有されている割合になります。
(例)フコイダンライフ・ナノの場合は1包1.2g中にモズク抽出エキス(一般的にはこれをフコイダンと言われています)として約333mg含有しています。そのうちフコースと硫酸基などが約300mgですので純度が約90%となります。

姫マツタケ(純正アガリクス)について

純正アガリクス(姫マツタケ)とは何ですか?
姫マツタケとは学名「アガリクス・ブラゼイ・ムリル」、和名「ヒメマツタケ((姫マツタケ)」といい、元三重大学医学部薬学部の伊藤均薬学博士医学博士により40年以上に渡って発表されてきた300種以上あるアガリクスの中の固有の茸です。
いつの間にかアガリクスという言葉だけが一人歩きを始め、姫マツタケも【アガリクス茸】と呼ばれるようになってしまいました。
しかし、伊藤博士による研究成果は、岩出101株・ITO−S株という固有の菌株で得られたもので、他のアガリクスを使った製品や原料には当てはまりませんのでご注意ください。
アガリクス(姫マツタケ)の産地はどこですか?国産ですか?
アガリクス「姫マツタケ(岩出101株・ITO-S株)」は国内、ブラジル、パラグアイで栽培されています。
アガリクスの品質は大丈夫ですか?
はい、パラグアイではJICA(日本国際協力事業団)の援助を受け、技術スタッフを日本から派遣し国内産と同じ品質管理で栽培しています。
日本国内では国内規格の健康食品GMP、国際規格のISO22000の認証を受けた専門工場にて加工していますのでご安心ください。

さらに「細胞壁破壊製造法」という特許製により、通常の破砕方法ではできなかった成分の抽出に成功し、収率も上がったことから他社にはない茸の効率的な有効摂取方法として選ばれ続けております。
アガリクス茸と何が違うのですか?
アガリクスという茸は、300種あるアガリクス(ハラタケ属)の事であり、アガリクス茸という固有種は存在しません。

霊芝(サルノコシカケ)について

霊芝(直井霊芝)とは何ですか?
元京都大学の直井幸雄技官が日本で初めて人口栽培に成功し、選び抜かれた霊芝の中の霊芝が「直井霊芝GY株」なのです。
昭和47年(1972年)に皇太子殿下と妃殿下(現在の天皇、皇后両陛下)のご高覧を受け、翌年には昭和天皇に霊芝鉢を献上しました。この霊芝はGY株とされ、大切に受け継がれて現在に至っています。
霊芝(直井霊芝)の産地はどこですか?国産ですか?
長野県で栽培しています。
霊芝(直井霊芝)の品質は大丈夫ですか?
はい、長野県産の霊芝を100%使用しています。
国内規格の健康食品GMP、国際規格のISO22000の認証を受けた専門工場にて加工していますのでご安心ください。

さらに「細胞壁破壊製造法」という特許製により、通常の破砕方法ではできなかった成分の抽出に成功し、収率も上がったことから他社にはない茸の効率的な有効摂取方法として選ばれ続けております。