ただいまリニューアル中につき一部お見苦しい点があります。
鋭意修正中ですのでご了承くださいますようお願いします。
トピックス

フコイダンライフSHOPのトップ > フコイダンライフ・ナノについて

フコイダンの低分子と高分子について(2)

最も重要なのは効率的にフコイダンを摂取すること

効率よくフコイダンを活用するためには低分子化するのではなく、適正な分子量(高分子)にフコイダンを調製することが必要となるのです。
ただやはり低分子化により、体中に行き渡るかのようなイメージがあるために「フコイダンは吸収率が必要だ」と多くの方が間違った知識を持ってしまっているのが現状です。

日本人は高分子の海藻も吸収できることがわかりました!

古くから海藻類を食する習慣があったため日本人のには腸には「多糖類分解酵素遺伝子」が存在することをフランス(パリ第6大学)の研究チームが世界的な科学誌ネイチャーに発表しました。(時事通信2010.4.8)

もはや低分子・高分子の優劣は重要ではなく、フコイダン本来の形としての摂取が重要だと言えるでしょう。

さらに効率的にフコイダンを摂取する

ここまで低分子と高分子についてご案内しました。
それでも「やっぱり吸収が。。。」という貴方には産官共同開発のナノカプセル特許製法により高分子のまま吸収を5倍に高めたナノカプセル化フコイダン(ナノフコイダン)を配合した弊社オリジナルの「フコイダンライフ・ナノ」をお勧めいたします。

低分子・高分子フコイダンについてのまとめ

  • 低分子だから、吸収されやすいというイメージで誤解する。
  • 高分子でも身体の中を通って、吸収が進むと考えられている。
  • フコイダンとして活用するためには、適切な分子量にすることが必要。
  • 最近の研究では高分子フコイダンの方が強い働きを示すということがわかっています。
←前のページ「低分子と高分子について(1)」
楽天市場