ただいまリニューアル中につき一部お見苦しい点があります。
鋭意修正中ですのでご了承くださいますようお願いします。
トピックス

フコイダンライフSHOPのトップ > フコイダンについて > フコイダンの製造方法

フコイダンの含有量にもこだわりました

フコイダンの含有量とは?

私どもが平成16年(2004)よりフコイダンの販売に携わり、他社製の様々なフコイダンのサプリメントを目にしてきました。

フコイダンのジャンル以外にも多くのサプリメントや健康食品でもモズク抽出物=フコイダンと配合しているのを目にされた方も多いかと思います。
フコイダンを主原料としていてもフコイダンの含有量を表記していなかったり、フコイダンの含有量のみ表記し、高純度とだけ表記されていたり様々です。
なかでもフコイダンの含有量などを表記せず高純度とだけ書かれているサプリメントには一番驚かされました。

販売する立場の私どもでも驚くのですから消費者の立場であるお客差から見れば迷うことも当然だと思います。

フコイダンは含有量も価格もバラバラなうえ、高分子or低分子、もずくor昆布など比較対象が多いですからせめて含有量だけでもハッキリ表記すればお客様に判断基準の一つにしていただけるのでは?と考えました。

今までの販売実績とお客様の声からフコイダンの良さを実感していただくためにも1日あたり500mg〜600mg程度のフコイダンを配合したいと考えていました。


フコイダン(モズク抽出エキス)を660mg配合し、純度が90%ですのであえて10%を減らし約600mgと表記していましたが、平成29年(2017)4月より一般的な表記である660mgへと変更しています。

パンフレットやアニメなど従来の印刷物で約600mg配合と記載していますが、660mgに対しての90%となります。※パッケージや印刷物なども順次660mgへ変更しております。

楽天市場