トピックス

フコイダンライフSHOPのトップ >ナノカプセル化フコイダン

フコイダンをナノカプセル化で吸収5倍!

吸収を考えるなら低分子のフコイダンだと思いこんでいませんか?

低分子、高分子、両分子でもない「ナノカプセル化フコイダン(ナノフコイダン)」なら迷う必要はありません!

フコイダンの健康食品における永遠のテーマ

「高分子=吸収率が悪い」「低分子=活性が失われる」を

最先端ナノ技術が解決しました!

ナノカプセル化フコイダンの3つのポイント。製法の概要などについてはフコイダンではんく色素(クルクミン)でわかりやすい秋ウコンにて案内させていただきます。 高分子のままナノカプセル化に成功
ナノカプセル製法とは、近年では吸収促進剤などとして医薬品や化粧品などに活用されている最先端技術です。
しかし、高度な技術と高価な原料を用いた製造プロセスが主だったため食品分野へは応用されていませんでしたが、この度、フコイダンの大手メーカーである金秀バイオ社と公的機関との「産官共同開発」により食品原料のみでのナノカプセル化を実現しました。(特許3858073号)
これにより従来は吸収効率で低分子(超低分子)フコイダンや両分子フコイダンに劣ると言われていた高分子フコイダンであっても高い吸収率を期待できるのです。

ナノカプセル処理前は100マイクロメートル。カプセルの材料と健康食品素材を配合。

ナノカプセルの構造

健康食品に含まれる成分には油に溶ける性質(親油成分)と水に溶ける成質(親水成分)があります。
ナノカプセルでは有用成分をリポソームという大豆などから作るリン脂質膜に超微粒子(ナノサイズ)で包み込むことが可能です。
また、ナノカプセルに内包し摂取することで成分の吸収率向上の他に胃腸内環境における有用成分の保護作用などが期待されます。

ナノカプセル化により吸収率が5倍にアップ!

近年、フコイダン本来の「高分子」では分子サイズの小さい「低分子(超低分子)」「両分子(全分子)」といったものと比べ吸収率が悪いと言われていましたが、ナノカプセル化により吸収率5倍アップを実現しました!
※実際は低分子の方が高分子よりも優れていると証明されていません。

弊社では低分子や超低分子ではフコースと硫酸基などが結合したフコイダンの分子構造に影響を与えると考えています。そのため低分子ではなく高分子のまま健康食品として摂取可能なナノカプセル製法を採用しています。

従来技術とナノカプセル製法の違い

ナノカプセル化により吸収率が5倍にアップ!

長年の研究によりフコイダンが吸収されにくいのは凝集し会合する(お互いがくっつき合う)ことで大きな塊になるからだと推測されます。
よって、フコイダンが吸収されにくいのは低分子や高分子といった分子量の問題でなく、会合することにより1μm(マイクロメートル=0.001mm)以上の分子構造を形成するために、パイエル板(腸管)における吸収に関わる穴に入らないためと思われます。(その会合を逃れたフコイダンが吸収されます)
本品はナノカプセル化によってフコイダン同士の会合を防ぎ、粒子径をパイエル板(腸管)から積極的に吸収される100〜500nm(ナノメートル=10億分の1m=100万分の1mm)に調製してありますので、有用成分であるフコイダンの腸管吸収率を向上させることができるのです。

フコイダンの体内透過率は最大17倍に!

オキナワモズクから抽出した高分子のフコイダンは水溶性食物繊維の一種で、ヒト生体内では分解酵素による分解を受けない難消化性物質であり、腸管吸収されにくいと考えられてきました。 また、フコイダンは高分子の物質であり、凝集する(くっつき合う)ため腸管からの吸収が非常に悪く、期待される効果が得られ難い問題がありました。

※古来より海藻類を食する日本人は消化酵素をもっていることがわかりました。

原材料の高分子フコイダンと特許製法で加工したナノカプセル化フコイダンの吸収率のちがいをヒト消化管由来細胞で試験しました。

フコイダンの体内移行率は最大17倍にアップ!
その結果、腸管側から基底膜側への透過率(移行率)は原材料のフコイダンが0.09%に対し、ナノカプセル化フコイダンは1.51%と約17倍も向上することが確認されました。
※ヒト消化管由来細胞Caco-2を用いて小腸膜モデルを形成し、フコイダン及びナノカプセル化フコイダンの吸収性評価と吸収効率の違いを推測しました。この手法は薬物透過性の推測試験として汎用されています。
ナノカプセル化により吸収率が5倍にアップ!

人間は食べ物を口にすると胃で消化を始めますが、ナノカプセルで包むことによって大事なフコイダンを胃酸や膵液から保護します。
秋ウコンエキスにはさまざまな成分が含まれており、特にクルクミン(色素)が有名です。 しかし、クルクミンは、胃酸など激しい環境によって分解され、成分が腸管に届く前に摂取前の成分量と比べて減少していることが予想されます。
そこで、秋ウコンエキス及びナノカプセル化した秋ウコンエキスエキスを用い試験管レベルにおける人工胃酸(pHペーハー2.0、ペプシン)及び人工膵液(pHペーハー8.3、パンクレアチン)処理を行い、秋ウコンエキス内包ナノカプセルの、機能性成分”クルクミン”の消化液からの保護作用を検証いたしました。

フコイダンを胃酸・膵液から保護

ナノカプセル化により胃酸・膵液からフコイダンを保護します!
胃酸処理試験・膵液処理試験におけるクルクミン残存率
胃酸・膵液処理試験の結果、秋ウコンエキス中のクルクミンは46.6%しか残存していなかったが、ナノカプセル化した秋ウコンエキス中のクルクミンは90.3%も残存しているのが確認できました。

吸収アップにより血中濃度は5倍〜10倍に!

吸収の効果!ラットによる実験

ナノカプセル化フコイダン(ナノフコイダン)と同じ製法により加工したウコンをラットに用いた比較実験です。

血中濃度の大幅な上昇と水に混ぜても分離しにくいという2点をご覧ください。

秋ウコンエキス中の”クルクミン”は、親油成分のために水に溶けにくく、また、水中でクルクミン同士が凝集するために腸管からの吸収が非常に悪く、期待される効果が得られ難い問題がありました。 そこで、クルクミンおよびナノカプセル化したクルクミンをラットに経口投与した場合の血中クルクミン濃度を測定し、クルクミンをナノカプセル化した場合の吸収向上について検証しました。

採血はサンプル投与後、30分、60分、120分に行い、得られた血液から血漿を調製し、クルクミンを多段階抽出してクルクミン濃度を測定、算出しました。(左図グラフ)
その結果、クルクミンのみの投与群における血中クルクミン濃度と比べて、ナノカプセル化クルクミン投与群の血中クルクミン濃度は5〜10倍高く、30分〜120分において有意差(P < 0.01)を示しました。
食品の安全性問題に鑑み、マウスを用いた単回投与毒性試験で、安全性の確認を行いました。
その結果、ナノカプセル投与群に「異常」は認められず、安全である事が確認されました。

ナノカプセル化クルクミン(ウコン色素)での血中濃度測定結果吸収率!ナノカプセルでの血中濃度

また、写真右のようにナノカプセル化により分離しにくくなります。フコイダンであっても同様です。

上記の血中濃度の試験数値はフコイダンではありませんが、フコイダンでも5倍を上回る効果があります。
そのため当社ではフコイダンライフ・ナノを説明する際に10倍以上と表記せず、通常のフコイダンと比べナノカプセル化フコイダンの吸収は5倍と表記しているのです。

本当に低分子なら吸収されるのでしょうか?

私どもは平成16年(2004年)よりフコイダンの販売に携わってきましたが、当時から「低分子のほうが吸収に優れている」と誤解されているお客様が多いのです。
低分子が高分子より優れていると言いましても分子量の数値以外に低分子と高分子の吸収率の違いをデータとして提示しているものを見たことはありません。よくある通販の広告は大きな球と小さな球を並べて「小さい方が吸収されるのです」といった印象操作のようなものが大半だと思います。
このナノカプセル化フコイダン(ナノ・フコイダン)は公的機関との産官共同開発のナノカプセル製法(特許3858073号)によって原料となった高分子フコイダン(原液)と比較し5倍以上の吸収率となっています。

高分子・高純度・高含有を兼ね備えたフコイダンライフ・ナノをご愛用いただければ幸いです。

以上、ナノカプセル化フコイダン(ナノフコイダン)のポイントを述べました。
このフコイダンの素晴らしさをもっとわかりやすく伝える手段はないだろうか?と考え、アニメーションをご用意いたしましたのでご覧ください。
※アニメ中の商品は旧型のため配合量・成分が違いますがナノカプセル製法の参考として御覧ください。

↑動画をクリックすると再生します。 YouTubeはこちらから(別ウィンドウで開きます)


お買い物ガイド