トピックス

フコイダンライフSHOPのトップ >ナノカプセル化フコイダン

フコイダンをナノカプセル化で吸収5倍!

吸収を考えるなら低分子のフコイダンだと思いこんでいませんか?

低分子、高分子、両分子でもない「ナノカプセル化フコイダン(ナノフコイダン)」なら迷う必要はありません!

フコイダンの健康食品における永遠のテーマ

「高分子=吸収率が悪い」「低分子=活性が失われる」を

最先端ナノ技術が解決しました!

ナノカプセル化フコイダンの3つのポイント。製法の概要などについてはフコイダンではんく色素(クルクミン)でわかりやすい秋ウコンにて案内させていただきます。 高分子のままナノカプセル化に成功
ナノカプセル製法とは、近年では吸収促進剤などとして医薬品や化粧品などに活用されている最先端技術です。
しかし、高度な技術と高価な原料を用いた製造プロセスが主だったため食品分野へは応用されていませんでしたが、この度、フコイダンの大手メーカーである金秀バイオ社と公的機関との「産官共同開発」により食品原料のみでのナノカプセル化を実現しました。(特許3858073号)
これにより従来は吸収効率で低分子(超低分子)フコイダンや両分子フコイダンに劣ると言われていた高分子フコイダンであっても高い吸収率を期待できるのです。

ナノカプセル処理前は100マイクロメートル。カプセルの材料と健康食品素材を配合。

ナノカプセルの構造

健康食品に含まれる成分には油に溶ける性質(親油成分)と水に溶ける成質(親水成分)があります。
ナノカプセルでは有用成分をリポソームという大豆などから作るリン脂質膜に超微粒子(ナノサイズ)で包み込むことが可能です。
また、ナノカプセルに内包し摂取することで成分の吸収率向上の他に胃腸内環境における有用成分の保護作用などが期待されます。

ナノカプセルの効果は以下のページをご覧ください。

ナノカプセル化でフコイダンが吸収5倍
なぜナノカプセルでフコイダン吸収が5倍以上(移行率では最大17倍!)になるのかを解説しています。

胃酸・膵液からフコイダンを守ります 胃酸などからフコイダンを保護するというナノカプセル製法の効果を解説しています。

 

アニメでナノカプセルの効果がわかります。

このナノカプセル製法の素晴らしさをもっとわかりやすく伝える手段はないだろうか?と考え、5分ほどのアニメーションもご用意いたしましたのでご覧ください。

↑動画をクリックすると再生します。 YouTubeはこちらから(別ウィンドウで開きます)


お買い物ガイド